都筑区・センター北で整体なら「SPEC(スペック)」

四十肩・五十肩

この四十肩・五十肩
もうどこでも良くならない
そう思っているあなたへ

imasia_10424100_M-e1477972331137 

こんなお悩み
\ございませんか?/

  • 安静にしていても痛みがある
  • 夜間に寝ているときに痛みがある
  • 着替えの動作で痛みがある
  • 痛み止めを飲んでも変わらない
  • 手が背中に回らない
  • 腕が上に挙がらない

矢印

そのお悩み
当院にお任せ下さい!

 

 

推薦

 

 

お客様の喜びの声が
\ 信頼の証です!/

 

「他院で6ヵ月も治療を受けていましたが・・」

私はある整形外科で両肩関節周囲炎と診断されて、6ヵ月位治療を受けていましたが、全然良くならないばかりか、肩関節の可動域がどんどん悪くなるのを感じていました。このままでは良くならないと思い、友人に紹介された医院で佐藤先生の施術を受けることになりました。日常生活の管理から施術まで、今までの整形外科で行ってきたものと違い、痛みが減少するのと、肩関節の可動域が拡大するのを実感していきました。両肩だったので時間はかかりましたが、今ではすっかり痛みもなくなって、快適に日常生活が遅れています。

(神奈川県在住 40代 男性 M・Yさん )

※効果には個人差があります

「専門家の施術がお勧め!」

私は右肩に痛みや、動きの悪さを感じていましたが、友人に「自分は知らない間にほっとけば治るよ」とか、「痛くても動かさないと硬くなるから、動かさなくちゃだめだよ」と言われたため、どこにも行かず、自己流で治るのを待っていました。次第に肩の痛みがひどくなり、夜も寝られない状態になって、肩の動きもかなり悪くなっていたので自己流ではダメだと思い橋本先生の施術を受けることにしました。
痛みのある時は動かしてはいけないと言われ、今までの自己流の治し方は間違っていたと理解し、正しい日常生活の管理方法を教わってからは痛みも徐々に消え、可動域も改善しました。肩の痛みは自己流ではなく、専門家にみてもらうことをお勧めします。 

(神奈川県在住 60代 女性 S・Eさん)

※効果には個人差があります

 

 

なぜ?当院の施術は
こんなにも四十肩・五十肩が
改善されるのか?

 

他で良くならない理由

PAKU6468_TP_V四十肩・五十肩は、正式な診断名としては、肩関節周囲炎と言います。

肩関節周囲炎というくらいなので、肩の周りに炎症を起こしている状態なのですが、他院に行っても良くならない原因として、日常生活での疼痛管理が出来ていないケースが多いように感じます。

肩の周りの炎症の状態に合わせて、動かしても良い時期か、安静が必要かの判断と、患者への説明がきちんと行われていないと、炎症症状の回復と増悪を繰り返してしまい、症状が長引いてしまいます。

炎症症状が起こってしまった背景には、肩関節の機能的な問題が隠れているケースが多いです。機能的な問題とは、肩の関節の動きの悪さがあるということで、温めたり・単にリラクゼーションを行うだけではなくて、肩関節のどの動作の時に、どの肩関節の動きが減少しているかを見極めて改善する必要があります。

また、肩関節と言っても、肩甲上腕関節・肩甲胸郭関節・肩鎖関節・第二肩関節・胸鎖関節・胸肋関節・肋椎関節と、複合的な関節であるため、立位姿勢や脊柱の動きなど、肩に関係なさそうとも言える部分を完全しなくてはいけない場合もあるため、他で良くならない理由として、肩関節の動きを総合的に捉えておらず、解決されていないこともあるかもしれません。

 

 

症状についての説明 

031-2肩関節周囲炎というくらいなので、肩の周囲に炎症を起こします。

 肩の周りには、滑液包という潤滑油が入った袋状のものがたくさんあって、滑液包のどこかに炎症が起きることを、主に肩関節周囲炎と言います。主に肩峰下滑液包や肩甲下滑液包に炎症が起きることが多いです。

 滑液包に炎症が起きた場合、通常痛くなった日から3日間までは、急性期。3日以降から2週間までは亜急性期になります。

 急性期・亜急性期を含む2週間は、安静にしていても痛みが出現したり、夜寝ている間に痛みがある事があります。炎症症状を呈している期間は、肩関節の中に癒着を起こすことがあるので、この炎症期をなるべく早くおさめて、癒着を防ぐことが大切になります。

四十肩・五十肩の症状で来院される方の多くは、安静にしなくてはいけない期間でも、「痛くても動かさなくては固まってしまうと思っていて、頑張って動かしていた」「そのうち痛くなくなると言われて、何か月もそのままにしてしまっていた」というように炎症を助長していることが多いです。

 

 

原因

imasia_7235684_M-e1477972403324四十肩・五十肩になる原因として、炎症症状を主体とする痛みと、肩関節の機能的な動きの問題があります。

肩の関節は、複数の関節で構成されており、全身の多様な動きが求められる関節です。

複合的に関わる肩関節の中でも、肩甲骨と上腕骨をつなぐ肩甲上腕関節の動きは重要で、肩甲骨と上腕骨を包む、関節包という組織の柔軟性が、肩甲上腕関節の動きに大きく関わります。

しかしながら関節包は、肩の周囲に炎症症状がつづくと、関節包が癒着を起こし可動域の低下につながります。一度癒着した関節包は、ストレッチを行いますが、柔軟性を改善するのに時間を要します。

また、上腕骨(腕の動きに)に連動して、肩甲骨が動く、肩甲胸郭関節の動きも重要で、この連動性がないと、肩関節に負担がかかり、痛みの原因になります。

肩甲骨の動きが悪くなる原因として、姿勢不良により脊柱の動きが低下し肩甲骨の動きを阻害します。背中を丸めて猫背姿勢にすると、バンザイがしにくいのを感じてもらえると思います。

 

 

当院での改善法

IMG_0474痛みのある動きは禁忌! 「痛くても動かす」は、控えてください。

炎症を早くしっかりおさめることが大事で、徹底的な疼痛管理指導で、炎症を早くおさめ、関節の癒着を防ぎます。癒着を防ぐことが最優先ですが、癒着してしまった関節包は持続的なストレッチにより、癒着を剥がしていきますが、暴力的に癒着を剥がすことはできないので、一度や二度の施術では変化がなく、これには多くの時間を要します。

複合的な肩関節の問題として、上腕骨と肩甲骨の動きの連動性が大事になります。

バンザイの様に腕が上まで上がるには、肩関節の動きだけではなく、脊柱を反らせる動きが必要になります。

座位や立位の姿勢不良により脊柱は丸まってしまい、脊柱を反らせることが出来なくなるので、座位・立位姿勢を評価し、姿勢の改善と脊柱の可動性へのアプローチにより脊柱の柔軟性を獲得します。しかし、姿勢不良は昨日今日になった訳では無く、長期的な問題点なので、脊柱の可動性を獲得するには、長期的なアプローチが必要になります。

このように当院での改善法は、肩関節のみに目を向け、ただ単に痛みを取るだけではなく、肩関節を多角的に捉えた総合的なアプローチを行います。

 

 

キャンペーン

 

8月31日までに
\ご予約の方に限り/

 

トータル整体コース

初回 2,980円(税別)
(通常1回7 ,000円)

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと10名

 

tel:0455079110予約フォーム地図

 

 

技術指導しています

 

他院とはどこが違う?

矢印

SPECの
6つの特徴

 

1. 初回約30分!充実のカウンセリング・検査で痛みの原因を特定

IMG_0503

痛みの原因の特定こそが、根本改善への第一歩。しっかりお話を聞いたうえで、詳しく検査していきます。

 

 

2. バキバキしない身体に優しいソフトな施術

IMG_0413

お子様や、妊婦・産後の方も受けられる、安心安全な整体です。

 

 

3. お一人お一人に合わせたオーダーメイドの施術

IMG_0396

歴15年以上のベテラン治療家が、豊富な経験と高い技術を駆使したオーダーメイド整体で、根本改善へと導きます。

 

 

4. アフターフォローも充実!再発予防もお任せ

IMG_0491

更なる施術効果のアップ&再発予防のために、簡単なストレッチやメンテナンス法をプロがアドバイス。

 

 

5. キッズスペースあり!お子様連れ大歓迎

IMG_0699

小さなお子様連れでも、お気兼ねなくお越しください。

 

 

6. 整形外科や整骨院など、何院回っても良くならない方が多数改善されています

IMG_0618

これまで何処に行っても良くならなかった方も、当院の施術で健康なお身体を取り戻されています。

 

 

まだまだあります!

矢印

当院は医療関係者から
多数推薦頂いております

 

「言葉で示すより、結果で示す」

医療法人社団 三医会 鶴川記念病院 
リハビリテーション科 副主任理学療法士
川田 絵人

初めまして。わたしは病院で勤務する傍ら、町田市つくし野というところで「かわた整体院」という整体院を営んでおります、川田 絵人と申します。
橋本先生とは、「ブラジリアン柔術」という格闘技の道場で知り合いました。
橋本先生は非常に真面目であり、寡黙で大人しい人柄です。しかしその分情熱を人一倍熱く持っており、「言葉で示すより結果で示す」タイプの先生です。
ブラジリアン柔術の昇格は、武道の中で最も厳しいものとされており、次の帯への昇格だけで何年もかかることが普通です。
橋本先生をひとことで表すと「継続は力なり」。
ブラジリアン柔術では地道に努力を重ね、10年以上時間をかけられ、上級者といわれる紫帯まで昇格されました。
昇格がかかった試合では、試合終了間際に技を極めかけられ、肘を負傷しながらも決して降参することなく、ポイントを守りきり優勝されました。
橋本先生はその真面目な人柄で、治療に対しても地道な努力を続けられ、知識・技術の研鑽を怠らず、患者さんに対して結果を出すことに拘っております。また患者さんを改善させるために決してあきらめることなく、最善の策を講じてくれることは間違いないでしょう。
以上の理由から、私は橋本先生が患者さんの力になってくれることを、自信を持って推薦させていただきます。

「患者様に寄り添い親身になって対応する姿が印象的です」

医療法人社団 康心会 湘南東部総合病院
理学療法士
原 久美子

橋本君が理学療法士1年目の頃から5年間一緒に働いておりました。
当時、患者様に寄り添い親身になって対応する姿が深く印象に残っています。また、向上心も高く、常に自己の知識と技術を研鑽する姿勢は同じ理学療法士として尊敬しており、心から信頼のおける後輩です。
とても気さくか人柄でもあるので、安心して身体の不安や悩みを相談できると思います。
これまでのたくさんの経験から培われた知識や技術を全力で提供してくれるでしょう。
自信を持ってお薦めできるセラピストです。

「野心家であり高い技術を持った橋本先生」

与那原中央病院
理学療法士
塩浜 康太

沖縄県にある与那原中央病院で勤務している塩浜です。橋本先生とは、お互い国家試験を合格し理学療法士として最初に働き始めた湘南東部総合病院勤務時代の元同僚という間柄になります。 

橋本先生は、臨床経験の浅い時代から院内でのリハビリテーション学を勉強することはもちろんのこと、院外での研修等にもよく足を運び治療テクニックの研鑽に励んでいました。その技術は確かなもので、整形外科を中心とした重症疾患へのリハビリテーションの実施、またトップアスリートのトレーナーを勤めるなど様々な経験を重ねながら理学療法士としての自身の活躍の場を広げていました。 
そんな野心家であり高い技術を持った橋本先生が開院する「 SPEC 」。利用者さんのニーズに十分に応える事のできる質の高いサービスを提供してくれると思います。

 

キャンペーン

 

8月31日までに
\ご予約の方に限り/

 

トータル整体コース

初回 2,980円(税別)
(通常1回7 ,000円)

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと10名

 

tel:0455079110予約フォーム地図

 

都筑区・センター北で整体なら「SPEC(スペック)」 PAGETOP